飲食店の多店舗化なら、10店舗以下の飲食店経営コンサルティングに強い中西フードビジネス研究所にお任せください!

 

 
 
 
 
当社は、2~5店舗の飲食店経営者の方、経営者の熱い思いの実現のために、徹底的に経営者と向き合うパートナーです お申し込みフォームはこちら
無料メールマガジン 無料小冊子 ご支援内容 教材・マニュアル セミナー情報 会社案内
セミナー情報

2018.10.15、16開催! 飲食店プロ店長育成研修 受講生募集中!

 

 

店が増えるとともに、売上が停滞・低迷してきた
自分の指示したことが、現場の細部まで伝わりづらくなってきた
不満を口にするスタッフが増えてきた
ある程度は考えてやって欲しいのに、指示がないと動かない
給与のことばかり要望するスタッフがでてきた
自分の価値観と違うことをするスタッフがでてきた
今までできていたことが、いつの間にかできなくなってきた

 

 

10店舗未満の飲食店を経営する経営者の方の
 

多店舗化を推進するための「悩み」「課題」を解決します!

 

 

 


多店舗化を推進するために、

マニュアル化を推進すれば、顧客離れが起こる!

 


・お客様の好き嫌いをお伺いして、もし嫌いなものがあればその食材を抜いたり、 

・変わりの食材に変えたり、お客様の状況に応じて、気遣い気配りができたり、

・常連のお客様にはお名前でお呼びしたり、お客様が食べたいと思うものが、もしメニューの中になければ、店にある食材を使ってできる限りお客様が要望されたものを作ったり・・・

こんなお店であれば、お客様もいい意味で「使いやすい店」として気が付けば「外食と言えばこの店!」とこのお店が繁盛しているのは想像できますよね。

きっとこの投稿を読まれている方の多くも、こんなお店を作りたいと思っていらっしゃるでしょうし、現に、こんなお店を実現できている方もいらっしゃるでしょう。
 

しかし・・・

店を増やそうとすると、あるいは、増えてくると、少しずつ上記のようなことができなくなる、ということがよく起こります。

その理由の一つは、店、特に、人が増えてくるとそこまで教育が及ばず、少ない人数であればできることも、人が増えてくるとなかなかそこまで教育が及ばず、「人が増えたから仕方ない・・」と半ば諦めてしまっているから

もう一つの理由は、店を増やすためには、「マニュアルを整備することが重要」と思い込みすぎ、すべての仕事をマニュアル化しすぎてしまい、個々の状況判断、自己判断で仕事するからこそ、お客様から喜ばれるのに、それをマニュアル化することで、従来の良さを消してしまうから
 

この2つの理由から、店が増えるとともに、従来できていたことができなくなってしまうのです。

 飲食店を多店舗化しようとすると、特に、100店舗、200店舗と先を考えた場合、様々な仕事を標準化し、また、効率化し、「誰もができるよう」マニュアル化することが大切である、とは、昔から言われている事であり、多くの大手チェーン店はこのやり方で店を増やそうとします。

これはこれで正解ですが・・・・、

人を生かすために欠かすためには、「理念経営」が最適。

店舗の質を低下させない、当社独自開発のマニュアルを構築します。

 

あなたの店は、「創業の頃の良さ」を保ったまま店を増やしていきたい、お客様に喜ばれるようなお店を維持していきたい、とお考えであれば、従来のやり方と同じことをやってはいけません。

また、100店舗、200店舗と店を増やすこともあきらめることも必要でしょう。 たとえ、10店舗、20店舗であっても、お客様から喜ばれる店、お客様から使い勝手のいい店、お客さから必要とされる店を作りたり、そんな会社を作りたいと思うのであれば、従来の方法と違うやり方が必要なのです。

では、どうすればいいか?

働くスタッフ各人のスキルをあげること!

これが一番! 店は人と人がやり取りするからこそ、お客様が喜ぶわけで、機械がやってもお客様は喜びません。
マニュアル化するということは、機械・ロボットをたくさんつくるだけのことであって、だからこそ、お客様が喜ばない店になってしまうのです。 

「企業は人なり」とは、よく言いますが、企業化していくには、やはり、各人のスキルアップが大切で、そのための仕組み化を行うことが、多店舗化のためのやるべきことです。 

 
具体的には、皆が「主体性を持って働ける、行動出来る」ようにするために、様々なゴールを明確にすること。「考えて行動する」ためには、目指すべき方向性、あるべき姿が必要で、それを達成するために何をするべきか?を考える事がスタッフの役割。 そのためにも、経営者は様々なゴールを明確にしてあげることが重要となるのです。例えば、経営理念、店舗方針、行動方針、評価基準などなど。  

そして、スタッフに対しても「相手が考えて行動出来る」ような教え方を共有していくことが大切。
スタッフは、「マニュアルは嫌い」とかいいながら、実際の現場では、マニュアル的に仕事をさせたり、指示命令していることがほとんど。せっかく会社の方針として「主体性を伸ばす」と言っていても、現場では、指示命令ばかりでは言っている事とやっていることが別で、経営者の思うような会社、店づくりの実現は不可能です。

なので、「個々が主体性を持って働ける、行動出来る」仕組み化の促進と教育こそが、従来の大手チェーン店とは違う、あなたらしい会社作りの方向性と言えるでしょう。


 


「学び」が店を変える!「学び」が人・会社を伸ばす!

「学ぶ風土」を定着させることが、永続経営につながる!


 「価格より価値」「規模よりも地域貢献」「システムより人」を目指す会社作りのために、「学び」を中心としたご支援により「人・店・会社」を伸ばす、をコンセプトにコンサルティングを行っております。
「学び」によって会社を成長させたいとお考えの方は、ぜひ、当社のコンサルティングをご検討ください!
 


なぜ、組織が「学び」続ける必要あるのか?  こちら↓をご覧ください!

中西フードビジネス研究所が目指す 飲食店コンサルティングとは? Concept



開催予定のセミナー・研修

「多店舗化をめざす社長のための講座」

 

 

飲食店から飲食企業へのコンサルティング、飲食店の多店舗化コンサルティング、10店舗未満専門の飲食店経営コンサルティング、店長研修、経営計画策定、戦略策定、F/L管理、アルバイト教育、原価率コントロール、人件費コントロール、売上管理、理念浸透、飲食店 勉強会、出張セミナー、飲食店向け講演、コーチング、人財育成、人材育成、東京 飲食店コンサルティング、東京 飲食店コンサルタント、千葉 飲食店コンサルティング、千葉 飲食店コンサルタント、埼玉 飲食店コンサルティング、埼玉 飲食店コンサルタント、群馬 飲食店コンサルティング、群馬 飲食店コンサルタント、栃木飲食店コンサルティング、栃木 飲食店コンサルタント、茨城 飲食店コンサルティング、茨城 飲食店コンサルタント

 

 
 
ホームページ作成方法