大手チェーン店とは一線を画した飲食店経営を実現するための理念経営、戦略策定に強いフードコンサルタント、飲食店コンサルタント

 

 
 
 
 
当社は、2~5店舗の飲食店経営者の方、経営者の熱い思いの実現のために、徹底的に経営者と向き合うパートナーです お申し込みフォームはこちら
無料メールマガジン 無料小冊子 ご支援内容 教材・マニュアル セミナー情報 会社案内
セミナー情報
10/16,17の2日間にて開催:「飲食店プロ店長育成研修」受講生募集中!



飲食店勉強会

 

 

「学ぶ環境」、「学ぶ風土」の構築し、あなたの店・会社の成長を加速させませんか?

スタッフの「考える力」「教える力」を伸ばす勉強会を実施します。
 

 

 

個のレベルアップをはかることが、会社全体のレベルアップにつながる!!

数年前から、僕はご支援先のコンサルティングにおいて、基本「勉強会」を実施していただくようにしています。この勉強会は、全スタッフに参加していただき、月2回から3回(会社によっては月1回)実施し、色々なことを学んでいただいております。

勉強会をコンサルティングの主軸にしている理由は、「個のレベルアップをはかることが、会社全体のレベルアップにつながる」と僕自身が考えているからです。

僕がご支援させていただいている飲食企業様は、規模的には3店舗ぐらいから5店舗ぐらいまでですが、どちらかと言えば、「店を増やす」ことを目的とせず、「強い店をつくる」「人がイキイキと働いている店をつくる」「人を活かす店を増やす」という考え方で経営している会社がほとんど。

僕自身も、「とにかく効率化を図りながら店を増やす」という経営よりも、店に行けば、人の良さ、つながり、が感じられるような店が好きだし、それにそういった店を作る事こそが「チェーン店」との差別化につながるし、それが中小飲食企業が活き残るための最善策だと信じているからです。

 

◆勉強会風景

 

 

そのためにも、「人の強化」「個の強化」が必要だし、「個の強化をはかることが、会社を強くする」と信じているため、コンサルティングの主軸を「勉強会」を行うこととし、そこから店の売上アップのための戦略策定や仕組みつくり等のアドバイスをさせていただいております。

 
「昨今の飲食業界をみても、伸びている会社を見れば「学ぶ時間」を増やしていることから、勉強会をやるのは大切だというのは分かっているんですが、具体的にどんな勉強をするのですか?」
 

 
という質問を多くの経営者さんから受けます。
普段僕がご支援先で行う勉強会は次の2点を主な目的として行っています。

1)価値観の共有
2)店つくりのあり方を学んでいただく
 

1)は、「会社の理念、行動方針等を社員間で共有する場を何度も設けることで、価値観を共有する」というのが最大の目的ですが、それ以外にも「考え方を共有する」ことを目的として行っています。
 

例えば、飲食店はアルバイトを多用する業種ですが、そうなってくるとアルバイトをどう育成できるかで売上も大きく変わってきます。だからこそ、「教える」「育成する」というノウハウ、スキルを高めることが、会社の業績を上げることに繋がります。
 

そこで、勉強会では「教える」というのをテーマに、どんな「教え方」をしていけば「自ら考えて行動出来るスタッフ」を育成することができるのかをテーマに、様々な角度から「教える」という考え方を学んでいただき、そして、この考え方を皆で共有してもらうようにしています。これ以外にも、仕事を進める上で大切な考え方(逆算思考、PDCAの重要性など)も学んでいただき、個々人に対しても「自ら考えて行動出来る」こともゴールの一つとしています。


2)の「店つくりのあり方を学んでいただく」は、これはチェーン店と差別化するためには、とても重要なことだと僕は考えています。

チェーン店であれば、店舗にはチェックシートやマニュアルが完備されていて、それを無難に守る事こそが店の質を維持することにつながります。

しかし、中小の飲食店は、また、僕のご支援している店は、皆「個性」を売りにして、チェーン店でありながら、どちらかと言えば「個人店」のような店つくり、店舗展開をしているところがほとんど。

この場合、店長がより「経営者的な存在」になることが求められ、単純に「マニュアルを守る」だけでは、店の特徴を出すことはできないのです。また、経験が少ない若者が、自分の思うがままに色々なことをやっても、結果はでにくく、それでは経営としても成り立ちにくくなります。そうならないようにするために、店長やスタッフが、店つくりの「本質」を学び、具体的には、


・コンセプトとはどう考えるべきか?
・ターゲットとは、どう考え、どう設定すべきか?
・利用動機とは何?利用動機をどう増やせばいいか?
・客単価はどのように設定すればいいか?
・他店と差別化するために、どのようにして「強み」を伸ばせばいいか?


などなど、店の「価値」を高めるための知識、ノウハウを学んでいただき、そこから、自店にどう活かすかを勉強会の場で、皆で考えてもらうようにしています。
この学びの場から、毎月毎月の数字分析を行ったり、店の価値を高める、顧客満足を向上させるためにどんな行動をすべきかを店長を中心に考えていただき、それが、上手く実現できるようなアドバイスを日々行っています。


教育は一朝一夕で結果がでるものではありません。

しかし、上記のような勉強会を継続していくことで、いつの間にかスタッフの力がつき、気が付けば売上が向上している、というのがここ数年の僕のクライアントさんの状態です。
もちろん、すべての会社で結果が出ているわけではありませんが、愚直に継続してくれている会社は、間違いなく「結果」がでています。

 

もし、皆さんが「個の強化で会社を強くしたい」「スタッフの能力を伸ばしてあげたい」とお考えであれば、外部講師を招いての勉強会を定期的に、そして、継続的に実施してみませんか?
 

 

「勉強会」概要

対象者

幹部社員、マネージャー、店長、社員スタッフ
各階層別にもしくは全員で学べる内容です。

時間 最低3時間は必要です
期間 最低1年
場所 貴社にてご準備
※必ず、ホワイトボードをご用意ください
※お店でなく、会議室等がおすすめです
人数 何人参加いただいてもOKです!
費用

訪問頻度によって費用は変わります。

月1回の訪問・・・・・10万円/月
月2回の訪問・・・・・15万円/月
月3回の訪問・・・・・20万円/月

 

 

勉強会の事例はこちらをご覧ください↓
 

 

勉強会事例① 「計数管理のあり方」

 

 


勉強会事例②
 今の時代にあった、アルバイト教育のあり方とは?」

 

 

 


 

まずは、


”お試し”で社内勉強会を開催してみませんか?

 


ただ、勉強会を実施したくても、どんな勉強会をしたらいいのか、また、自分が伝えたいことをうまく勉強会形式にて伝える方法が分からないという方もいらっしゃるでしょう。

そういう方のために、「お試し的」に勉強会を活用していただくコンサルティングとして、「出張勉強会」というものもご用意しております。まずは、お試しで勉強会を体験していただくものです。

勉強会の内容は上記の例で挙げた、、「計数管理のあり方」と「今の時代にあったアルバイト教育のあり方」をご用意していますが、その他のテーマでも構いませんので、ご相談ください。

将来を見据え、社内に「学ぶ環境」「学ぶ風土」を構築したいと考えられている経営者の方は、一度「出張勉強会」で、僕の「勉強会」を体験してみませんか?

ご興味のある方は、下記フォームよりお問い合わせください!

 

 

お問い合わせ、お申し込み

 ※印の部分は必須項目になります。

メールアドレス
お名前
ふりがな
御社名
お役職
ご住所


ご連絡先
お問い合わせ項目


備考

 

飲食店から飲食企業へのコンサルティング、飲食店の多店舗化コンサルティング、10店舗未満専門の飲食店経営コンサルティング、店長研修、経営計画策定、戦略策定、F/L管理、アルバイト教育、原価率コントロール、人件費コントロール、売上管理、理念浸透、飲食店 勉強会、出張セミナー、飲食店向け講演、コーチング、人財育成、人材育成、東京 飲食店コンサルティング、東京 飲食店コンサルタント、千葉 飲食店コンサルティング、千葉 飲食店コンサルタント、埼玉 飲食店コンサルティング、埼玉 飲食店コンサルタント、群馬 飲食店コンサルティング、群馬 飲食店コンサルタント、栃木飲食店コンサルティング、栃木 飲食店コンサルタント、茨城 飲食店コンサルティング、茨城 飲食店コンサルタント

 

 
 
ホームページ作成方法