多店舗化、理念経営、

 

 
 
 
 
当社は、2~5店舗の飲食店経営者の方、経営者の熱い思いの実現のために、徹底的に経営者と向き合うパートナーです お申し込みフォームはこちら
無料メールマガジン 無料小冊子 ご支援内容 教材・マニュアル セミナー情報 会社案内
セミナー情報
11/29(水)開催:「飲食店多店舗化セミナー」受講生募集中!

 

2017年11月29日(水)13:30~17:30開催!

 

小さな飲食企業が

ああ”多店舗化を推進する”ための「理論と実践

 

~多店舗化のためにすべきことはマニュアルの整備だけではない!

この10数年の間にお客様のニーズは大きく変化し、「型通り」や「マニュアル通り」というものにとても嫌悪感をいただくようになったと言えます。つまり、お店を利用する際には、「安心感」もお店を選ぶ上での重要なファクターではあるのですが、それ以上に「価値観」を求めるようになりました。とくに、最近では「コスパ」、すなわり、コストパフォーマンスを求められるようになり、支払った金額以上の「体験」をできることを求めています。


そうなると、店で働くスタッフにも求められるものが変わってきます。「型通り」ではなく、「お客様の状況に合わせた対応」を求めるようになってきました。

その場その場の「状況判断」が大切で、指示があってからとか、マニュアルに書いてあるから、という理由で仕事をしているようではお客様は喜んでくれません。

ですから、スタッフは、自分で判断して、自分で考えて行動することが求められるようになりました。つまり、「人を活かした店」、機械的でなく人の”あたたかみ”が感じられるお店をお客様は求めているということです。
仕事を皆がある程度のレベルで実行することが必要ですからマニュアル自体の必要性は今も昔も変わりません。


しかし、今はスタッフ個々に「状況判断力」や「自分で考える力」が求められるようになってくると、マニュアルの作成自体や教育の方法をを変える必要があるのです。


にもかかわらず、過去の大手チェーンと同じようなマニュアル作りを行っていたり、人を教えるにしても「指示・命令」だけで教育・指導するような風土が店・ 会社にあると、どんどんお客様ニーズから乖離した店・会社になってしまうだけですね。


今は、「人を活かす経営」が、チェーン店と差別化する、地域でお客様に愛される最適な手段だと当社は考えています


ただ、問題は、「人を活かす」ということは、それだけ「ブレ」がおきやすいということです。

小さな飲食企業の問題は、人や店が増えるとともに、 徐々に売上が低下してくること。私がこれまで指導してきた会社でも、店舗が5店舗以上になってくると、「思うように売上が伸びない」ということ でよくご相談をいただきます。この問題を解決するために、当社では次の3点の構築と推進を行っています。


1)理念経営の推進

これまで指導させていただいた飲食店さんで、「目先の売上」に常に苦心しているお店(会社)、売上だけを追いかけているお店というのは、この「軸」がない店です。

自分たちの店が社会の中でどんな存在でありたいのか、スタッフにはどのようになってもらいたいのか、どのような仕事をして欲しいのかが明確でない会社では、売上をいかにつくるかだけが大きな目的であるため、売上を作るためには何でもするという姿勢になります。そのため、売上を作りやすい、値引きや低価 格、販促にしても即効性があるものに手を出しやすくなります。

今は、売上・利益を伸ばすことに視点を合わせるのではなく、お客様の満足度を向上させるために、我々はどんな会社なのjか、どんな店なのか、そして、お客様に何を提供できるのか?

この「軸(理念)」を明確化させ、皆に浸透させることこそが、お客様満足度を向上させ、その結果、店の売上を伸ばすことに繋がります。


2)自発的に行動できるスタッフになるための”教育”

 

ただ黙っているだけ、見ているだけで人が育つわけがありません。
また、自発的に行動して欲しいと願っているだけで、スタッフが自発的に行動してくれるわけがありません。
何をどのように考えれば良いのか、そして、仕事を楽しめる知識が身につく教育を行います。


3)今の時代にふさわしいマニュアル整備(仕組み化)

単にマニュアルとして「決め事を纏める」というものではなく、社員の「教える力」を補い、アルバイトが仕事を覚えやすく、そして、仕事の質がなかなか低下 しない、なおかつ、店舗で活用されやすいマニュアル作り、仕組み化が質の低下を防ぎ、なおかつ人を生かす経営にもつながるのです。


当社では普段行っているコンサルティングのご紹介を兼ねたこのセミナーを年3回(3月、7月、11月)実施しております。この中で、上記3点の具体的コンサルティング内容と効果等をご紹介させていただいております。


当社のコンサルティングにご興味のある方、また、「人」を活かす多店舗化を推進したいと考えている方は、このセミナーにご参加ください!

 

今回のセミナーで学べること

・モチベーションが高く、自発的に働け、行動できるスタッフ育成の手法
・理念・クレドを現場に落としこむ方法
・店舗、スタッフが増えてきた時に起こる問題の対処方法
・今の時代にふさわしい「マニュアル」作りの方法
・店舗の「質」を下げないための仕組み作りの方法
・社員ができる、アルバイトの効果的な教育方法

【セミナーダイジャスト】

セミナー内容


小さな飲食企業が

ああ”多店舗化を推進する”ための「理論と実践


多店舗化のためにすべきことはマニュアルの整備だけではない!

過去のやり方、チェーン店の“マネ”をするのではなく、オリジナリティある経営を行う手法を学んでいただきます。


●セミナー内容

1)理念経営のすすめ方
・店、スタッフが増えたら、「価値観」「判断基準」の共有に力をいれよう!
・理念とクレドの位置づけ
・経営方針書の作り方
・理念、クレドの浸透方法
・チェックリストを使うと仕事が「作業」になる
・今は、マーケティング3.0の時代(店舗コンセプトの考え方と浸透方法)

2)人を生かすマニュアルつくり方法と活かし方
・人を活かす「マニュアル」び作り方
・マニュアルは手順書。今必要なのは、「考える」を強制する共有書
・共有書つくりのコツは、普段の「無意識」を「言語化する」こと
・あるべき姿、目的を明確にしよう!
・仕事を科学することが、店舗の質を下げない方法
 

3)「自発的行動力」を伸ばす教育・指導の方法
・コーチングを活用した指導方法
・2-6-2の法則に従って、指導う方法を変えよう!
・考動力ある店長育成のステップ
・考え方を社内で共有しよう!
・「話す力」と「聴く力」を伸ばせば、「考える力」が伸びる

 

講座概要

開催日

2017年11月29日(水)13:30~17:30

開催場所

東京都千代田区内神田3-4-11 サニー南神田ビル
●会場の場所はこちらをご覧下さい>>>

費用

14,800円

定員

限定10名

参加者の特典

講師の中西が執筆したマニュアル、

小さな飲食企業が成長するための「すごい仕組み」
~飲食店のマニュアル作成、教育の仕組み作りがわかるマニュアル~ (13,000円)

 を参加者すべての方にプレゼントいたします。

【講師】

 

 

中西フードビジネス研究所
代表/フードビジネスコンサルタント
中西 敏弘
1970年生まれ。奈良県出身、立命館大学経済学部卒。

大学卒業後、一旦他業界での仕事に就くが、飲食の仕事に就 きたいと思い、26歳で大手外食コンサルティング会社に転職し、それ以来飲食店コンサルティングの仕事に従事。2003年に中西フードビジネス研究所を設 立し、日本全国を日々東奔西走する毎日。携わった業態は、居酒屋からカフェ、イタリアンレストラン、ラーメン店まで多岐にわたる。得意分野は、店長指導、 多店舗化指導。コンサルティングのポリシーは、小手先の提案ではなく、クライアントの戦力等を十分考慮し、未来に向かって最適な戦略・戦術を提案すること である。

お申込み

講座代金は、前金制となっております。
下記フォームで参加お申し込み後、弊社より、指定入金口座をご連絡させていただきます。
3日以内に、指定口座にご入金ください。ご入金が確認できた時点で正式のお申し込みとさせていただきます。

※印の部分は必須項目になります。

 

メールアドレス
お名前
ふりがな
御社名
お役職
ご住所


電話番号
FAX番号
お申し込みのきっかけ






参加人数
※おひとり様、14,800円
備考

 

飲食店から飲食企業へのコンサルティング、飲食店の多店舗化コンサルティング、10店舗未満専門の飲食店経営コンサルティング、店長研修、経営計画策定、戦略策定、F/L管理、アルバイト教育、原価率コントロール、人件費コントロール、売上管理、理念浸透、飲食店 勉強会、出張セミナー、飲食店向け講演、コーチング、人財育成、人材育成、東京 飲食店コンサルティング、東京 飲食店コンサルタント、千葉 飲食店コンサルティング、千葉 飲食店コンサルタント、埼玉 飲食店コンサルティング、埼玉 飲食店コンサルタント、群馬 飲食店コンサルティング、群馬 飲食店コンサルタント、栃木飲食店コンサルティング、栃木 飲食店コンサルタント、茨城 飲食店コンサルティング、茨城 飲食店コンサルタント

 

 
 
ホームページ作成方法