飲食店の店長力、現場力を向上させたいなら、飲食店の社員教育に強い当社にお任せあれ

 

 
 
 
 
当社は、2~5店舗の飲食店経営者の方、経営者の熱い思いの実現のために、徹底的に経営者と向き合うパートナーです お申し込みフォームはこちら
無料メールマガジン 無料小冊子 ご支援内容 教材・マニュアル セミナー情報 会社案内
セミナー情報

2017年1/26(木)開催経営指針書策定講座受講生募集中!

 

20171/30(月)、2/27(月)の2日間による実践的研修

 

★今回より、”新カリキュラム”にリニューアル!


飲食店「プロ店長」育成研修

 


今回より2日間のカリキュラムに変更し、より内容を充実させ、

実践的な明日から使えるノウハウ」が学べる研修です。

 


「自分で考え、皆で議論しながら新しいノウハウを学ぶので、自分の力になる」

「参加型の研修」で、受講者の満足度が高い研修!

 

 

行(考)動力が伴わないのは、「やり方がわからない」が大半の理由

 昔会社に勤めたていたき時に、「出来ない、やらない」には5つの理由があると教わりました。

①「やり方」「やる方法」が分からない
②「やる時間」がない
③「やる気」がない
④「やるシステム・ルール」がない
⑤徹底して継続することができない

多くの中小飲食企業の経営者さんは、店長さんの「行動力のなさ」に課題を抱えておられるのですが、経営者さんは店長が「行動しない理由」として、上記の③の「やる気がない」と思っている人が多いようです。
しかしながら、私の数多くの飲食企業様をご支援させて頂いている経験上、店長の行動力がない原因として、実は①の「『やり方』『やる方法』が分からない」であることが多いと感じています。

経営者さんが「なんでこんなことができないんだ」と思っていても、実は、店長さんがやり方が分からないから、どう行動していいか分からず、上手く成果に繋げられなかったり、経営者さんの意図することと全く違ったことをやってしまったりするようです。また、「どうしていいか分からない」から、指示待ちになったり、何も行動を起こさないという店長もいるようです。


この点を踏まえ、数年前から私のご支援先では「学ぶ時間」を極端に増やして頂いているのですが、参加者の方は「知識に飢えていた」かのように実に熱心に学んでいただいています。

「自分の考えが甘かった」
「そういうことだと始めた分かった」
「そこまでやらないとダメだということがわかった」
「やり方が分かったので、早速今日から実行します」

と、自分の今の実力、能力があまりにも「自己中心的なもの」だと気付く人がたくさんいます。
「やり方」「やる方法」が分かると、これから自分が「何をすればいいか」がわかるので、「やる気」のアップにも繋がります。すると、高い「やる気」を持って仕事に取り組むので、結果も出やすくなります。

ただ、内部ではなかなか「学ぶ機会」を作れない会社様のために、この研修を開催しております。ぜひ、この研修で「店長の考動力」をたかめるきっかけにされてはどうでしょうか?

 

この研修で得ることができるノウハウ

●計数管理の具体的手法(見方、活かし方)が分かる!

●アルバイトのモチベーションがアップする教育方法が分かる!

●今の時代のリーダー(店長)がやるべきことが分かる!

 
■この研修で使用するテキスト

 

 

他の研修との「違い」

店長の「考動力」が身につきやすい研修内容

 

研修で大切なことは、「学ぶだけ」で終わらないこと。「学んだこと」が確実に頭で理解し、自分のお店で活かせて初めて研修を受ける価値がでます。
当社の研修は、これまで数多くのクライアント先で実施してきた研修ノウハウが盛り込まれ、参加者の方の「考動力」が身につきやすいカリキュラムと研修の進め方をしております。
 

1)「考え、話す」がこの研修の特徴

同じ環境下にある他社店長と様々なテーマをもとに議論しながら、カリキュラムを進めます。
一方的に「情報を得る」研修ではなく、自分で「考え、話す」を行いながら、研修を進めますので知識も身につきやすくなります。
また、他社店長との交流も図れます。

 

 


2)ケーススタディやロールプレイングが、盛り沢山!

計数管理のケーススタディ中。
他社店長と議論しながら問題に取り組みます。

 

カリキュラムは、次の3つのテーマが中心となります。
1)計数管理
2)教育・指導
3)コーチング
この3つのテーマについて、一方的に「情報を得る」という形の研修ではなく、他社店長とともに、自分で「考え、話す」を行いながら、研修を進めますので知識も身につきやすくなります。

 

 

ロールプレイングも実施していただきながら進めるため、
今の時代のあるべき「教育・指導」のあり方が理解しやすくなります。

また、ケーススタディ(計数管理)、ロールプレイングを活用しながら、実践的で「分かりやすく」学べるカリキュラムとなっております。

 

 

 

 

 

 


3)特典の「マニュアル」で振り返りができる!

参加者全員に、講師の中西が執筆した”自ら考え自ら行動できる”店長育成マニュアルがプレゼントされます。
今回の研修で学んだことがこのマニュアル内にも記載されていますので、研修後、参加者の方が復習もしやすくなっております。

 

 

 

参加対象者

・店長になって1年から3年未満の人
・店長を指導する立場を目指す人
・店長を指導する立場のマネージャー

 

講師


 

  

中西フードビジネス研究所
代表/フードビジネスコンサルタント
中西 敏弘
1970年生まれ。奈良県出身、立命館大学経済学部卒。

大学卒業後、一旦他業界での仕事に就くが、飲食の仕事に就きたいと思い、26歳で大手外食コンサルティング会社に転職し、それ以来飲食店コンサルティングの仕事に従事。2003年に中西フードビジネス研究所を設立し、日本全国を日々東奔西走する毎日。携わった業態は、居酒屋からカフェ、イタリアンレストラン、ラーメン店まで多岐にわたる。得意分野は、店長指導、多店舗化指導。コンサルティングのポリシーは、小手先の提案ではなく、クライアントの戦力等を十分考慮し、未来に向かって最適な戦略・戦術を提案することである。 

 

飲食店「プロ店長育成研修」概要

開催日

【第1回】2017年1月30日(月) 10:00~18:00
【第2回】2017年2月27日(月) 10:00~18:00

開催場所 東京都千代田区内神田3-4-11 サニー南神田ビル
●会場の場所はこちらをご覧下さい>>>
費用 2日間とも参加    40,000円

1日のみの参加  25,000円

※第1回のみ、第2回のみ、の参加もOKです。
定員

限定16名

参加者の特典

講師の中西が執筆したマニュアル、

”自ら考え自ら行動できる”店長育成マニュアル

 を参加者すべての方にプレゼントいたします!

 

カリキュラム 

※今回より2日間に延長。1日のみの参加でもOKです!

 

【第1回】2017年1月30日(月)

●テーマ:「店長の役割とは?」と「プロ店長に求められる計数管理」

店長に求められる「あるべき姿」が分かっていなければ、店長の役割を果たすことはできません。
意外に、多くの店長が「店長の役割、責任」を理解していないのが現実。
普段、同じ業務に当たっている他社店長と「店長とは?」について議論することで、
店長に求められる役割について考えていただきます。

そして、多くの店長が苦手とする「計数管理」。
しかしそれは、「計数管理の基本的な考え方」を知らないだけのケースがほとんど。
計数管理のあるべき姿は、「数字から問題点を見つけ出し、行動につなげること」。
このあるべき姿を実現するための実践的ノウハウを学んでいただきます。

 

時間 テーマ 具体的内容 講義のポイント

1000
 1100

オリエンテーション

・講義の注意点
他己紹介

 

 

リーダーとして最も重要なこと、「話す」「聴く」。
この2点の重要性とそのポイントについて学んでいただきます。

 

1100

 1300

店長の仕事とは?






1)店長の役割とは?


2)店長の仕事の項目と

それぞれのあるべき姿とは?

 

 

 

グループミーティングにて、他店の店長とともに、「店長のあるべき姿」について議論していただきます。


≪ポイント≫
店長として“求められること”が分からなけれ
ば店長としての役割を果たすことはできません。
普段同じ業務にあたってる他店の店長とと
もに、「店長とは?」について話合っていただくことで、「店長の仕事」と「あるべき姿」を理解していただきます。

1400

 1800

計数管理

1)同一チェーン店での数値比較(PLABC分析、時間帯別売上)から売上低迷の原因と改善策を考える!

 

 


2)当社独自開発の「カテゴリーメニュー分析表」をもとに、メニュー分析と原価管理を考える!

この講義はケーススタディが中心となります。
≪ケーススタディから学べること≫
・計数管理のコツ(数値の見方から、店舗改善行動へのつなげ方)
・メニュー管理のコツ(
ABC分析ではなく、カテゴリー分析でメニューの問題点を探り方)

・原価管理、人件費管理のあるべき姿

 

≪ポイント≫

「気合をいれて頑張れば売上が上がる」ような時代ではありません。

成果が出やすい仕事の進め方、数値分析から店舗改善につなげる方法を知り、確実に店舗の問題点を改善できる手法についてケーススタディから学んでいただきます。

 

【第2回】2017年2月27日(月)

●テーマ:「プロ店長に求められるアルバイト教育」


店長の「教える」「育てる」スキル次第で、店舗の業績は大きく変わります。
2回目のカリキュラムでは、「教える」の基礎知識、普段の現場で活用できるコーチング方法や
アルバイト評価、面談。そして、アルバイト教育のキモである「初期教育」のあり方について学べます。

 

時間 テーマ 具体的内容 講義のポイント

1000
 1300

 

 

「教える」を科学する!

 

3パターンのロールプレイングにより、「今まで」と「今、これから」のマネージメントの違いを知る!


1)指示命令のみ
2)「あるべき姿」をもとに、自分で考えて接客
3)フィードバックの違いによる「やる気」の違いを感じる

 

自分たちが受けた指導をそのまま今のアルバイトに行っても、アルバイトの仕事の質ややる気は高まりません。また、その教え方ではお客様も喜んでくれません。


お客様に喜んでいただける仕事ができるアルバイト指導の方法、アルバイトのやる気が高まる教育方法のあり方について学んでいただきます。

1400

 1530

 

 

 

 

 

効果的なアルバイト「初期研修」と「評価」のあり方




 

1)100時間研修カリキュラム作成の考え方
当社では、ご支援先にてアルバイト初期研修を100時間(5時間×20日間)のカリキュラムにまとめ、初期研修を行っています。

 

2)アルバイト評価表の考え方


 

 

 

 

アルバイト指導のキモは、入店直後にあり

入店直後の教育を強化することで、その後のアルバイト育成に大きな差が出ます。
!そのポイントを学んでいただきます。

 

≪ポイント≫

①何から教えるべきか?

100時間後のゴールを設定する

③各ステップごとに、ゴールを設け、アルバイトに目標意識もたせ、また、達成感を感じさせる

④アルバイトに「作業」ばかりを求めると“心無い”アルバイトになる

1530

 1800

 

アルバイト指導

1)コーチングを活用したアルバイト指導のあり方

 

2)アルバイト面談のあり方

 

3)アルバイト育成計画書(3ヶ月)の作成方法

 

 

 

 

アルバイト指導のポイントは、いかに「達成感」を感じさせるかにあります。

そのための、ポイントは、

①目標設定

②フィードバック

の2つ。

普段のどんな仕事においても、目標設定し、アルバイトの考える力を養いながら、やる気をアップさせる、コーチングを活用したアルバイト指導のポイントを学んで頂きます。

 

 

 

 

お申し込み

研修参加代金は、前金制となっております。
下記フォームで参加お申し込み後、弊社より、指定入金口座をご連絡させていただきます。
3日以内に、指定口座にご入金ください。ご入金が確認できた時点で正式のお申し込みとさせていただきます。

メールアドレス
お名前
ふりがな
御社名
お役職
ご住所


電話番号
FAX番号
参加人数
参加日

備考

 

飲食店 開業/新規参入/FC加盟/飲食店 独立/飲食業 新規出店/飲食業 新規参入/飲食店 教育・研修/外食産業 店長教育/飲食店 接客サービス/飲食店 独立開業/飲食店 フランチャイズカフェ 独立開業/ハワイアンカフェ 新規開業/らーめん フランチャイズ/セルフうどん 独立開業/ラーメン 独立開業/セルフうどん フランチャイズ/居酒屋 独立開業/居酒屋 新規開業/焼肉コンサルティング/居酒屋コンサルティング/ラーメンコンサルティング/焼き鳥コンサルティング/カフェコンサルティング/うどんコンサルティング/そばコンサルティング/レストランコンサル/焼肉/ラーメン/居酒屋/寿司(すし)/レストラン/洋食/和食/中華/イタリアン/フレンチ/日本料理/とんかつ/ダイニング/そば/焼き鳥・串焼き・鳥料理/カレー/バー・お酒/天ぷら/うどん/カフェ/喫茶/ホルモン・焼きとん/パン・スイーツ/北海道飲食コンサルティング/東京飲食店コンサルティング/神奈川飲食店コンサルティング/千葉飲食店コンサルティング/埼玉飲食店コンサルティング/仙台飲食店コンサルティング/大阪飲食店コンサルティング/名古屋飲食店コンサルティング/福岡飲食店コンサルティング/岡山飲食店コンサルティング/広島飲食店コンサルティング 

 

 
 
ホームページ作成方法