飲食店の多店舗化、特に「人を活かした多店舗化」なら、10店舗以下の飲食店コンサルティングに強い中西フードビジネス研究所にお任せください!

 

 
 
 
 
当社は、2~5店舗の飲食店経営者の方、経営者の熱い思いの実現のために、徹底的に経営者と向き合うパートナーです お申し込みフォームはこちら
無料メールマガジン 無料小冊子 ご支援内容 教材・マニュアル セミナー情報 会社案内
セミナー情報

2020.1月20、21開催  飲食店プロ店長育成研修 受講生募集中!

 

マネージャー業務のスキルを高めるためのコラム

 

 

●「問いかけ」が人を考えて動くに変える

  

   
単純に話しを「聴く」のではなく、相手の「考え方」などを引き出したり、相手に行動を促すような「聴き方」が大切だと言うことを先ほどの項で解説しました。

指導者として店長を成長させるためには、いかに「行動」をさせ、「知識」を身につけさせるかということ。行動は、指示命令で指導できますが、知識は相手に意識的な働きかけをしなければ、身につけさせることはできません。また、自主的に行動させることもこのコーチングの狙いです。

そこで、大切になってくるのが、いかに「考えさせる」かということ。
これがコーチングのポイントであるのですが、指示・命令だけで人を動かしていると、相手は「考えないでただ行動しているだけ」ですから、たとえ成果は得られても「知識」は身に付かないのです。
私がここでいう「知識」とは、仕事の進め方や仕事の考え方のことを指します。
自ら行動し結果をだすためには、「仕事のやり方」や「考え方」を身につけなければなりません。なぜなら、同じような状況は2度と来ないからです。常に、違った状況が目の前に起こるわけですから、その都度正しい判断と意思決定ができる「能力」がなければ、自ら行動し結果をだすことはできません。
だからこそ、正しい判断力や正しい知識を教えてあげることが大切で、また、それを一方的に「押し付ける」というのはなく、いつの間にか「身についている」あるいは「習慣化」している状態を作りだすことが、指導方法の秘訣なのです。そこで、効果的なのがコーチングなのです。
 


では、具体的に「考えさせる」には、どのようなコミュニケーションが必要なのかを解説していきましょう!

相手に考えさせるには、質問が効果的です。
こちら側が答えを言うのではなく、相手に“考えさせる”ための質問を投げかけることが、相手に考えさせて行動させるための基本になります。これを繰り返すことで、自然と「考える」ことが身につきやすくなりますから、どう相手に言葉をかけて考えさせるのかを、事例を用いながら解説していきましょう。


★相手」を考えさせる“ことば”とは?

どのようにして絶えず「考えさせる」ようにしていけばいいのでしょうか?
相手に「考えさせる」初期段階としては、

「質問をし、答えを絶えず求める」

といったことからはじめるのがよいでしょう。
例えば、営業中などでは、

「どうしたら、お客様から追加注文がとれると思う?」
「どうしたら、この仕事を効率よくできるかな?」

などと、相手に質問をすることを心がけていけばいいでしょう。
「答え」をこちらか側から与えるのではなく、また、例えこちら側に答えがあるとしても、できるだけ、相手に「考えさせる」ようにするのです。そうすることで、常に「自分で考えるクセ」をつけさせることができます。

ただし、やみ雲に質問をしても効果がありません。
相手をやる気にさせ、そして、自主的に行動できるように声掛けすることが重要です。

 

 

 ★マネージャー業務のスキルを高めたい方は、こちらの研修を!
下記の画像をクリックすると、研修ページに飛びます。


他のコラムはこちら↓

●店長と店舗指導者の違い
  ●「命令」ではなく「納得」が必要!
 ●現場での「店長指導方法」とは?
 ●「現場視点」と「本部視点」
 ●「仕組み」をつくることを意識する!
 ●タイムリーな報告とは?
 ●「あら探し」ではなく問題解決がミッション
 ●「押しつけ」ではなく「引き出す」を身につけよ!
 ●「聞く」ではなく「聴く」
 ●「問いかけ」が人を考えて動くに変える

 

 

 

 

無料小冊子進呈中!

 
 
ホームページ作成方法