飲食店の多店舗化、特に「人を活かした多店舗化」なら、10店舗以下の飲食店コンサルティングに強い中西フードビジネス研究所にお任せください!

 

 
 
 
 
当社は、2~5店舗の飲食店経営者の方、経営者の熱い思いの実現のために、徹底的に経営者と向き合うパートナーです お申し込みフォームはこちら
無料メールマガジン 無料小冊子 ご支援内容 教材・マニュアル セミナー情報 会社案内
セミナー情報
2019.8/28(水)開催!「飲食店経営の原理原則が学べる講座」受講生募集中!

 

マネージャー業務のスキルを高めるためのコラム

 

 

●「現場視点」と「本部視点」
 


店舗指導者がSVなどになりたての頃に悩むのが、「現場の意見」を優先すべきか?
もしくは、「本部の意見」を優先すべきなのか、ということ。

現場での経験が長いだけに、どうしても「店長の意見」「現場の意見」を尊重しがち。しかし、本部には本部の考えがあります。その考えをうまく伝えるのが、店舗指導者の大きな役割でもあります。
私もコンサルティングの中でこのような機会にはたくさん遭遇し、「社長が言っていることが分からない」「本部は何を考えているんだ」という現場の不満が溜まりに溜まって、社内がうまく機能しないと言うことはよくあります。

しかし、よくよく聞いていくと社長、本部側の意図が「正しく現場に伝わっていない」と言うことがほとんどです
「本部の意見」と「現場の意見」は隔たりがあることはよくあることですが、多くの場合、「コミュニケーション不足」によって起こっていることがほとんど。
それを上手く繋ぐのが店舗指導者の大きな役割です。もちろん、現場からすると受け入れがたい、また、実施するには非常に難しい課題もあるでしょう。しかし、その指示には必ず「目的」があり、それを「正しく現場に伝える」のも、店舗指導者の役割なのです。ですから、どっちに付くとかいうのは意味のないこと。

現場の視点に立って、どうしてもムリだと感じることは、現場に指示を出す前に、本部の幹部と社長と意見交換を何度も行うようにしましょう。現場の状況を一番理解しているのは、現場に一番近い店舗指導者なのですから。

 

 ★マネージャー業務のスキルを高めたい方は、こちらの研修を!
下記の画像をクリックすると、研修ページに飛びます。


他のコラムはこちら↓

●店長と店舗指導者の違い
  ●「命令」ではなく「納得」が必要!
 ●現場での「店長指導方法」とは?
 ●「現場視点」と「本部視点」
 ●「仕組み」をつくることを意識する!
 ●タイムリーな報告とは?
 ●「あら探し」ではなく問題解決がミッション
 ●「押しつけ」ではなく「引き出す」を身につけよ!
 ●「聞く」ではなく「聴く」
 ●「問いかけ」が人を考えて動くに変える

 

 

 

無料小冊子進呈中!

 
 
ホームページ作成方法