飲食店の多店舗化、特に「人を活かした多店舗化」なら、10店舗以下の飲食店コンサルティングに強い中西フードビジネス研究所にお任せください!

 

 
 
 
 
当社は、2~5店舗の飲食店経営者の方、経営者の熱い思いの実現のために、徹底的に経営者と向き合うパートナーです お申し込みフォームはこちら
無料メールマガジン 無料小冊子 ご支援内容 教材・マニュアル セミナー情報 会社案内
セミナー情報
2019.6.26開催経営セミナー:人を活かす多店舗化を推進するための「理論」と「実践」

マネージャー業務のスキルを高めるためのコラム

 

 

●タイムリーな報告とは?

 

   
店舗指導者の大きな役割のひとつが、本部に対して「正確な情報」を提供すると言うこと。本部が店舗で起こっている正確な情報を把握しなければ、次の戦略・戦術を正しく決断することができません。
そういった意味でも、現場の状況を「正確に報告する」ということは、店舗指導者にとってとても大切な仕事であることを理解しましょう。

「報告をしてください」というと、よく、現場の不手際や誰がダメだとか、そういった「人的な」問題ばかり報告する人もいます。(この情報も、社内を円滑に機能するためには時には重要ですが・・)しかし、それよりも本部側が欲しいのは、今の店舗の状況やお客様の反応なのです。

・店舗オペレーションがきちんとできているのか?
・新商品を投入したが、お客様の反応はどうなのか?
・販促の反応はどうなのか?

などなど、こういった情報が欲しいのです。
もちろん、現場には店長がおり、その店長からも本部対して上記の情報は報告されるはずですが、店長では気づかないような点を店舗指導者が本部に対して報告することが重要です。

 

 

 ★マネージャー業務のスキルを高めたい方は、こちらの研修を!
下記の画像をクリックすると、研修ページに飛びます。


他のコラムはこちら↓

●店長と店舗指導者の違い
  ●「命令」ではなく「納得」が必要!
 ●現場での「店長指導方法」とは?
 ●「現場視点」と「本部視点」
 ●「仕組み」をつくることを意識する!
 ●タイムリーな報告とは?
 ●「あら探し」ではなく問題解決がミッション
 ●「押しつけ」ではなく「引き出す」を身につけよ!
 ●「聞く」ではなく「聴く」
 ●「問いかけ」が人を考えて動くに変える

 

 

 

無料小冊子進呈中!

 
 
ホームページ作成方法